TOP
家づくりノウハウ
2022.12.13

ハイスピード工法で問題解決

ハイスピード工法の図
ハイスピード工法で問題解決
R+house八王子店のお役立ち記事「ハイスピード工法で問題解決」の詳細ページです。 R+house八王子店は八王子市・町田市の注文住宅を手がけております。住まいづくりのご検討をしていましたら、お気軽にお問い合わせください。

目次

みなさま、こんにちは。住宅アドバイザリーの磯村です。今日は、前回の続き。地盤改良いついてのお話です。
前回は、一般的な柱状改良のデメリットである固化不良や土壌汚染や、資産の目減りなど問題点についてご紹介しましたが、そうした問題を一掃する、天然砕石のみを使用した新工法「HySPEED工法」をご紹介いたします。

ハイスピード工法とは

砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、 地盤の支持力を高める地盤改良工法です。

ハイスピード工法をお勧めする理由

①地震時の衝撃に強い

砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがある。
②環境への配慮
天然の砕石しか使わないので、土境汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。
つまり住む人の健康被害を起こしません。

③産廃費用が発生しない

産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。

④リユースで地球に優しい

将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば繰り返し使えます。

⑤液状化を防止

地震時の液状化をドレーン効果(排水効果)により阻止します。

⑥無公害工法

今まで施工が出来なかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも、問題なく施工が出来ます。

⑦遺跡になる工法

セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤工法です。

等々、多くのメリットがございます。セメント柱状杭、鋼管杭と比べると「地盤改良」の費用は5%~10%高くなることがありますがHySPEED工法の砕石パイルは将来の撤去や浄化の費用が発生しないのでトータル的にメリットの方が大きいのではないでしょうか。さしたる理由も無く、またリスク説明も無く、セメント杭をお進めされたら他に方法がないか確認されてみてくださいね。地盤改良のお話は以上です。
次回は、明日上棟のY様邸をレポートします(^^)/お楽しみに!

土地 家づくりの基礎知識 注文住宅 設計事務所 工務店 建築家 間取り 事例紹介 設計 性能 省エネ 地盤 基礎
地盤改良について考える
Y様邸上棟!!
コラム/ブログ一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 9:00~18:00