建築家と1回目の打合せ

建築家と1回目の打合せ

皆様こんにちは。
住宅アドバイザリーの磯村です。

先日、建築家の中村先生との1回目の打合せでした。

まずは、いつものように一緒に土地を見に行きます。
建築家にはどうな風にみえるのだろうか・・何を思うのか・・
毎回背中を見ながら考えます。

「はい、わかりました。じゃあ行きましょう。」


移動時間が1時間程あったので、車内でお客様との出会いや家づくりへの思い等
沢山お話させて頂きました。

先生がいいプランニングだなと感じるポイントは?とか
土地を見てどのようにプランを考えるのか?とか
素朴な質問にも丁寧に答えてくれる優しい先生。

面白かったのが、先生にプランニングする上で心がけている事を伺った時の話。

家っぽい家が好きじゃないと仰っていて
いわゆる玄関は、こういう物、
LDKは、こうあるべき!みたいなものが嫌いという。

確かに、玄関はシューズボックスがあって上り框があってみたいな固定概念ありますよね。
当り前じゃないところから考えていくと、お家づくりがもっと楽しくなるかも!
と思った出来事でした。